アカリを灯せ@9/30「YOYOGI Seesaw Festival 2018」

昨日、楽しみだったデートの予定が、荒天の為中止になってしまったので、ビデオレターの代わりにコチラを。
ツイッター拝見されてる方々もいるかと思いますが、改めて。

↓ 10/2 23:59まで公開です。

【9/30「YOYOGI Seesaw Festival 2018」
開催中止を受けて、急遽スタジオライブを開催。
https://youtu.be/aNj50hMv_as

中止はホントに残念なんだけど、嬉しい事もあった。

それは、メンバーが当たり前のように「なんかやろうぜ!」となった事。
そして、主催者で、folcaが初めてO-Crestに出た日からお世話になってる“赤坂シュウジ兄さん”が、ショックだろうけど「またやります!」と元気だった事。

今回のイベントの為に遥々遠方から既に東京に到着していたり、距離に関わらず楽しみにしていたファンの皆んな、出演バンド、関係者の事、そんな全部を考えると、中止の決断をするのは、とっても勇気のいる事だったと思います。彼が優先したのは、“全ての人の命を守る事”だったんだと思っています。

何が起こるか分からない。
自分の力では、どうにもならない事がある。
突然の自然災害だったり、空から爆弾が降ってくる日々も過去、この日本には歴史としてあったし、勿論日々の落とし穴だって。

苦しい時、悲しい時、顔を上げるのは本当に大変な事です。実際、僕にはうつむき過ぎて地面にめり込みながら身動き出来ない時もあった。
ただし、忘れてはならないのは、実は僕等はそんなに弱いわけじゃなくて、自由に、自分の意思で、今と未来を選択出来る強さがあるという事。
そんな思いを込めて、昨日は歌いました。

誰かに届くかもしれない。誰にも届かないかもしれない。だけど、今出来る音楽を鳴らす。それが、僕等にとっての「生きる」という言葉の意味かもしれません。

また追ってこのイベントに関するチケット払い戻し、振替公演等のアナウンスもありますので、該当の方々お時間頂きますが、少々お待ち下さい。

今回は、映像という形になりましたが、次回はもちろん生で。
続くライブは10月12日、渋谷TSUTAYA O-Crestです。ブチ上がって舞い上がろう。
僕等が生きる東京の夜を。


アカリを灯しましょう。
胸のど真ん中に。
それこそが、僕等にとって唯一で最強の強さ。

またライブハウスで。


ヒデ


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode