ポケットの中には@10/18 千葉稲毛K’s Dream はじめこばいん勤続20周年特別企画 「あれだ 稲毛、来いよ。」

生まれてすぐ、僕のポケットは1つ。
“家族”のポケット。中身は、父、母、祖父や祖母。兄弟とか。
それぞれへの思いは“家族”のポケットに入っていった。

家の外にも世界がある事を知って、出来たのは、友人、彼女、先輩、後輩、先生。それから同僚、上司etc...色んなポケット。
沢山のポケットが出来て、誰かへの気持ちは、それぞれのポケットに入っていった。

でも、音楽を始めてから出会った人達は、どのポケットにも入らない。
それぞれに、その人の名前の付いたポケットがあって、出来事や思いをそっと、時には強く握り締めた手で、名前の付いたポケットに入れていく。

なぁ、はじたん。僕等の関係はなんていうんだろうね?この思いは、なんていうんだろうね。
分からなくて、言葉にならなくて、音楽を紡ぐのかもね。

昨夜はK'S DREAMのブッキングマネージャーはじめさんが、勤続20周年記念イベントでした。 永遠のエキセントリック少年ボーイ、“はじたん”ことはじめさんの記念イベント。折角なので、1発歌ってもらいました。

visionでfolca with はじたん




ゆーの黒ちゃんと卓ジョンの卓ちゃんと私。同世代ですが全然違う。
見ていたPAガワラさんから「人としてどれが正解か分からん」と言われる。

その後、はじたんと話した今の事、これからの事。ライブの弾け具合と裏腹に、真剣に熱く話した事。大事に“はじたん”のポケットにしまっておくよ。

K'S DREAMで、前列で両拳を振り上げる、耳にハンコをぶら下げてる男がいたら、その方は多分仕事中ですので、「お疲れ様です!」の代わりに「今日も最高ですね!」とビールの乾杯を。

K'S DREAMありがとうございました

いよいよ次回は、11月22日。
渋谷区道玄坂の最上階、O-Crestでのワンマンライブです。
昨夜話した音源のリリースもあります。音源の詳細は後日。
お楽しみに。
鍋でもつつきながら待ってて下さい。

じゃあ、またライブハウスで。


ヒデ

Ride to the rhythm@10.12 下北沢CLUB Que ぴくざんまい

folcaのサポートドラマーとして活躍中。『ロック界のテディーベア』ことピクミン主催の“ぴくざんまい”に出演してきました。


あっ、ちゃう。
これはざんまい社長。

こっち。



初デュオの“ヒデユキとシゲユキ”として出演。(ピクミンは本名アオキシゲユキと発します。)


数々のバンドでドラムを叩くピクミン。その彼が叩くバンド達が出演、ピクミンはずーっと叩きっぱなし。ステージ後方、鎮座するピクミンをずーっと見つめるピクミンファンの眼差し。
ファンはバンドの鏡と言います。
ピクミンの大らかさを表すように、フロアも、乗っけからウェルカムモードでピースフルな1日でした。

当日バースデーを迎えたピクミン。
folcaのステージでもお世話になりやす。 次回ライブ、11月ワンマンに向けても、グルーヴ練り上げ、突き上げマシマシgoes onなのです。

当日限定発売のピクラーメン


アンコールで歌うピクミンと答えるファン達


僕個人としても、上京組、同じ世代の彼には特別な思い入れもあります。
勿論、folcaをサポートドラマーとしても、1人の優しき男としても支えてくれる彼。その特別な1日に出演出来て嬉しかったです。

ファン達の「ピクミンお腹触らせて〜♪」にちょっぴりモジモジする胸を、「それも愛の形*」とビールで独りごちた私でありました。

次回ライブは、ロックざんまい稲毛へと。
しっとり甘い木の音色から、ビリビリ電気の刺激。続く夜は激辛ファイヤーです。

ヒデ

Dive in Rock'n Roll@9/25 仙台MACANA 仙台MACANA×神戸ART HOUSE presents 神戸⇔仙台超特急『どっちの牛がうまいでショー』2017

煮えたぎるフロア、迎え撃つライブ。
歓声と感性の混ざり合う神戸と仙台、魂の交換“どち牛2017”
どちゃくそ笑顔と混乱をもたらして、今年も幕を閉じました。
過激な出会いから、神戸と仙台の絆をもっと深めていこう。
まだまだいこう、弾けて混ざれ。


「ライブハウスにはマナーはあっても、ルールはない。」
弾けまくった皆さん、愛すべき皆さんの腹の底から出たイェー!はシッカリと私の脳髄に到達しましたよ。
では、数々の名場面をドロップ。





両店長乾杯の儀




















為川飛ばされました


佐藤店長

西本店長











毎年ご参加の方々も増えて来て、本当に感謝です。
仙台へは、また12月に行きます。勿論、次回の“どち牛”もお楽しみにね。

『どっちの牛がうまいでショー』2017 神戸編、仙台編ありがとうございました。


次回は10月。
私、スーパーサポートドラマーでお馴染み“ロック界のテディーベア”ことピクミンのイベントに参戦。
名義は“ヒデユキとシゲユキ”私とピクミンのアコースティックユニットで出演です。
どうぞお楽しみに。

ヒデ

秋味@9/20 渋谷TSUTAYA O-Crest 十年の一撃と一撃の十年

紳士淑女の皆さん、こんばんは。

秋ですね。
しばらく会わない内に、すっかり夜風は涼しげです。

秋の味楽しんでます。セルフで。

シャケときのこの炊き込みご飯


鳥とナスの甘辛煮込み


昨夜も歴史の最先端、今日という日を刻みに渋谷区円山町に登場しました。
「十年の一撃、一撃の十年」というタイトルで含蓄あるタイトルながら、3バンドで30分ずつと軽快に進行。
我々は、その時間にパンパン表面張力に曲を突っ込んで爆発しました。

たまにはセトリ。


11月22日のワンマンに向けて絶賛パンプアップ中です。
感性の爆発をご一緒しましょう。


例えば10年後振り返ったとして、僕らは今、どの季節を歩いているんだろうか。


渋谷TSUTAYA O-Crestありがとうございました。

次回は、行くぞ仙台。
余すことなく食らいつくせ、『どち牛2017〜仙台編〜』です。
弾けすぎパーティーピーポー炸裂。ファイティングポーズ代わりに、高々とグラスを掲げよ。
ハイになって灰になるか。


ヒデ

welcome to paradise@9/3 天王寺Fireloop ソウルフード presents 「SOULMATE vol.3」 ソウルフード「沈黙は金、雄弁は銀」リリースツアー天王寺編 & 9/4 神戸ART HOUSE 仙台MACANA×神戸ART HOUSE presents 神戸⇔仙台超特急『どっちの牛がうまいでショー』2017

大阪、神戸激烈ど熱い2日間ありがとうございました。

ゆーの黒ちゃん画伯の私

1日目大阪。
最高なバンドのイベントには最高なバンドが集まる。 ジャーンの瞬間にウォーっとなれるバンドばかり。“楽しい時間はあっという間”の言葉の通り。ソウルフードだからこそ出来た時間。 ソウルフードとは、メンバーそれぞれに長く、Voふみやんがもう少しシュッとしていた頃からの付き合いだけど、そのワガママボディーに一杯の思いが詰まってる。この先の日々もまだまだ楽しみだ。

ソウルフード






元カノ(前のふぉるか号)と再会したのだ


続く4日は“どち牛”の神戸編。
開催が5年目って事で、既に出来過ぎなグルーヴ感が炸裂。過激過ぎるハシャギっぷりが、日々の核になれたら良いと思う。
どち牛仙台編は9月25日仙台MACANAで開催です。
では大人達の炸裂をどうぞ。



楽屋ではギタリストが互いのフレーズの勉強会


乾杯はかかさず


後はご覧の通り




フロアから沢山の激励が届きます。


両店長愛を交わす


ボーカルに飲ましてる間は自分が代わりに歌うスタイル


ダイブ失敗したけど楽しそう




皆んなに支えられて成功したぞ


バンドが器となって、その上で皆さんが遊んでくれれば良い。全部受け止めるよ。
超絶スパイシーな日々。神戸仙台超特急ご乗車の皆さん、本当にありがとうございました。

次回ライブは渋谷にて。
この勢いをディストーションに乗せて、“10年”とタイトルの日に、いつでもルーキーの衝動を撒き散らします。


ヒデ

2人のビート@8/21 下北沢BAR? CCO ray of ray records presents 『 Rendez-vous ?』

下北沢CCOありがとうございました。

素敵なお店で、フェイバリットミュージシャンと生弦と生歌、勿論美味い生ビール。
久しぶりにサックスも吹かせてもらい、僕自身めちゃくちゃ楽しかったワケですが、皆さんも僕以上に楽しんでもらえていたら幸いです。
来てくれたナイスボーイ、ナイスガールありがとう。



ロックンロール師匠のTHE BLONDIE PLASTIC WAGON篠原さんとも縁が深くなってきて、最近ではもっぱらこんな感じです。



良いきっかけを頂けたと思います。 また生弦生歌でナマナマしようと思うので、ゆるりとお越しを。
みんなどうもナマステ。

次回ライブは大阪ブルースの聖地天王寺。ソウルフードのリリースツアー天王寺編で、俺達のソウルもリリース。
そして、続けて神戸では、全魂解放宣言“どち牛”開催です。
お楽しみに。


ヒデ

ミナサマーのお陰様で@8/15(火)神戸ART HOUSE 月がさ×夕凪に沈む Split tour & 8/16(水)名古屋CLUB ROCK'N'ROLL 真夏のどMOJ

8月15日神戸アートハウス、16日名古屋ロックンロール、ウルトラなサマーをトゥゲザーしてくれたミナサマー本当にありがとう。

アートハウスでは、月がさ、夕凪に沈むレコ発おめでとう!それこび(それでも尚、未来に媚びる)、the cibo、スー、theodoreありがとう。

荒ぶる!月がさギターの海野くん



アートハウスの妖精安藤さん キャップ似合ってるよ



乾杯の儀



ギタリスト集合 月がさの海野くん、裕也と、それこびのろくさん



ロックンロールでは、MOJタツさんお世話になりましたし、お世話しました。里緒ちゃん、はるきちとマイケル(みそっかす)、ズーパス(ZOO THE ANNUAL PASSPORT)、石木(ホロ)ありがとうね。

石木がfolcaのprayerをカバーしてくれた。急遽「ほな、俺弾いたろか?」ってお兄さんギター発動した裕也。
石木ありがとう。
※動画はFacebookにて公開



右から縄文人顔×3 弥生人顔×2




遊び過ぎた大人と



次の日はBBQ








音楽人さまさま。様々な縁が結ばれて、最高なサマー。
また遊ぼうな。楽しかったよ。

次回は私ソロライブ。
ロック番長と夕暮れの会合。
ゆるりと飲みに来てね。


ヒデ


かわいいシンドローム@8/4 渋谷TSUTAYA O-Crest 存在証明



うむっ、対バンの男の子達がかわいかった。
お酒の勢いで心の壁が決壊。打ち上げで一杯かわいいかわいいと言ってしまった。一体どうしちまったんだ俺は。怖がられてないだろうか。。。
「かわいいと思う、その心がかわいい」という定番フレーズもあるからして、じゃあ僕もかわいいです。
どうも、乙女オッサンです。

対バンの皆んなと再会を約束し解散。
花金渋谷の喧騒を横目に帰路。



先日の事、故郷からかわいい野菜さん達が届いた。
果肉プックプクではち切れそう。

遠い空の風と大地の香り。畑を耕し、水をやって、育てた人の事を思う。 今あの場所は、青く生い茂った緑が輝いていて、夏の太陽に焼けた土の匂いがするんだろうな。

渋谷TSUTAYA O-Crestありがとうございました。

次回ライブは神戸〜名古屋。
そろそろ甲子園も開幕。
その昔、高校球児だった僕はスキンヘッドでした。その頃はピッコロさんと呼ばれていましたね。
キン斗雲じゃなくて、バンドワゴンに乗ってそっちに行くよ。
またライブハウスで。


ヒデ

アルカラがイルカラ@7.30 新木場STUDIO COAST ア・ル・カ・ラ 15th.Anniversary GIG『KAGEKI』

アルカラのメンバーは、いっつも笑ってる。
わりとどんな事話してても、その笑顔は「お前、ホンマおもろいなー!」って伝わってくるような淀みない笑顔だ。
その笑顔に、何度助けられたか。
その音楽に、その歌に、何度鼓舞されたか。

タイスケさんの歌でずっと思い出す場面がある。
それは、アルカラ自身が上京する少し前の事。神戸ART HOUSEでは、『心響アンプラグド』というのがあって、ART HOUSEに出演するバンドのボーカリスト達が武者修行とばかりに、1人で歌う15分のステージ。

あの日のタイスケさんは言った。
「いつもいつも、誰かの為に歌えって言われます。今日こそ、出来るかな。分からないけど、歌います。」
そう言って、徳永さんの『僕のそばに』を歌った。歌い終えたタイスケさんは、ちょっと照れくさそうだった。
観客は出演者と、僅かなお客。
きっともうそんな事、誰も覚えちゃいないだろうけど。
もしかしたら、僕はあの日のタイスケさんみたいに歌えたらなって。
そんな風に今も追いかけてるのかもしれない。

アルカラ15周年おめでとうございます。 もっと沢山のワクワクを一緒に作れたらと思います。そりぁもう、ずっと先まで。







インビシの尾形さん リハちう






誠司さんバンドは裕也と健二参加






クリトリック・リス兄さん



folca




アルカラ


打ち上げでプールあったら



こんなんなるやん


KAGEKIな新木場。 アルカラ、皆さま、本当にありがとうございました。

因みに、我々folcaも2008年7月30日の初ライブから数えて丁度9周年でした。 シッカリ“吸収”して、また皆んなの前に参上致します。

2017年7月30日新木場スタジオコーストにて



次回我々は、渋谷で“存在証明”と名付けられた1日。
ロックと存在証明は、ほぼ同意語。やらねばなるまい。
また色濃い夜になりそうだ。


ヒデ


僕らが旅に出る理由@7/25 仙台MACANA PAINT A PEACE



途中のパーキングで、ツバメが巣を作っていた。東南アジアから来て、日本で夏を過ごして、秋頃寒くなるまでに、また暖かい南へ帰っていくのだそう。 旅を続けるのは、生きる為かね。そりゃあ僕達と同じだね。

僕らの旅は仙台へ。
そこで歌われた染みる曲は、“幸せのランプ”仙台のバンド仲間、元LITTLE CEDARのVo小杉君が、ソロで出演して歌ってくれた。

これは玉置さんのオリジナル
https://youtu.be/Qrixm1tffGg

どんな形でも、そこに行けば変わらない顔があると安心する。
また会えて嬉しい。たったそれだけの事。でも、それが凄く大事なんじゃないかって思う。
いつもそこに、言葉に出来ない美しいものがあるって事を信じたいだけだ。
その歌を聞いて、心に優しいランプの灯が灯ったのを、ぎゅっと確かめていたいだけだ。





話は変わって来る9月。
恒例の「どちギュウ」事、
仙台MACANA×神戸ART HOUSE pre
神戸⇔仙台超特急
『どっちの牛がうまいでショー』2017
9/4(月)神戸ART HOUSE
9/25(月)仙台MACANA

開催です。
演者は勿論、フロアも爆裂解放の奇跡の1日です。

2016の様子
神戸編
http://diary.folca.net/?eid=71
仙台編
http://diary.folca.net/?eid=73

強者来たれり。
バイブス弾ける熱い夜を創造。楽しみにしてます。きっともっとライブハウスが好きになる。

仙台の夜ありがとうございました。

次回ライブは、アルカラ15周年アニバーサリーイベント『KAGEKI』
爆裂の過激にも、エレガントな歌劇にも鮮やかに狂い咲く夜。
実は初ライブが2008年7月30日の我々。丁度9周年のこの夜に、全部詰め込んだロックロール握りしめて参上します。


追伸

因みに、本日発売は
アルカラNEW ALBUM「KAGEKI」
ヘッドホン爆音でどうぞ。


如月に彼女(short ver.)
https://youtu.be/n6M29scDZOc


ヒデ


| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode